前へ
次へ

レモンの実の収穫は冬ってホント?

青山の不動産の入居審査は、入居申込者が入居しても問題がないか青山の不動産会社が審査を行うことで、審査の際に大家が参加する場合もあります。この審査に通らなければ当然入居ができない訳ですので、審査を通過するために申告や記載は虚偽や間違いのないように気をつけなければいけません。特に青山の不動産の入居審査では、入居申込者の年収や雇用形態、連帯保証人、申込者の人柄などが一般的な審査基準になっているようです。物件を貸す方はなんといっても家賃を間違いなく、しっかり支払いできるかどうかが一番大事なことですので、その支払い能力を判断するために年収を確認します。一般的な年収の基準として判断するのは家賃を12倍してそれを更に3倍した計算結果で判断するようです。例えば家賃10万円であれば12倍で120万円で、それを更に3倍すれば360万円となりますので、年収がこれを超えていれば問題ない訳です。

top用置換

top用置換2
Page Top